parkour

スポンサーリンク

私がパルクールを始めてもうすぐ2年になるので、今回は、parkour(パルクール)について書いていこうと思います。まだまだ2年たらずなので、何も知らない新米がと思う人もいるかと思いますが、読んでいただけると嬉しいです。


parkour(パルクール)とは、「走る」「跳ぶ」「登る」といった移動に重点を置く動作を通じて、心身を鍛えるスポーツです。(日本パルクール協会参照)

1980年代にフランスの9人の若者たち「YAMAKASI(ヤマカシ)」と言われる集団により作られ、元々パルクールとは彼らの考え方である、”l’art du deplacement”(移動の芸術)という考え方の中の「移動技術や移動速度を重要視したもの」というものであった。今では、parkour,free runningとして世間に広まっている。

私もあまり詳しくはないので、ほんとにこの話があってるのかどうかも不安ではありますが、色々な人から聞いたり、調べたりしたところこのような感じでまとまりました。ここ間違ってるよ?とか、これおかしくない?って思う人はコメントください。よろしくお願いします。

それでは本題に戻りまして、パルクールとは何かを私が思ったことを思った通りに書いていきます。ここからは一個人の意見ですので、共感できない部分やおかしい部分ももしかしたら出てくるかもしれません。が、その際はこういう考えもあるのかと思っていただけると幸いです。

初めは、パルクールと聞いてクルクル回ったりしてアクロバットを決めつつ移動をしていくスポーツだと思っていました、ですが、少しずつ色々な人とやっていったりすることによって、アクロバットを入れていない動きもパルクール、むしろそっちの動きのほうがパルクールというイメージに合うような気がしてきました。しかしこの考えは今思うとあまりうまくないなと感じています。そして、ある出来事がきっかけで私のパルクールのイメージが大きく変わったのです。それは、去年のWCT(ワールドチャイスタグ)に出場したことです。このことについてはまたの機会に詳しく書きますが、その大会で出会った人々、特に日本のメンバーにはものすごく色々なことを教わった印象です。それでは、前置きが長くなってしまいましたが、私の考えがどういう風に変わったのかをできるだけ簡単に述べていきます。

1. パルクールとは考えることである。

2. パルクールとはコミュニティである。

ということ。それではまず初めに書いたものから説明していきます。

パルクールは、他の競技、スポーツと違って必要な道具やものがほぼありません。自分が障害物とみなすものがありさえすれば成り立つスポーツです。それは恐ろしく自由度が高いスポーツということが言えます。そのため自分で考えて、課題を作り、それを積み重ねていってフロウを作っていきます。それは、他のスポーツにはない自分で1から創造するということです。自分でルールを作っていくと言っても過言ではありません。ひとりひとり考え方が違うから、同じスポットで動いていても、違う動きを間違いなくします。それがパルクールの面白いところであると思っています。この人はこんな動きをするのかと発見する、この人と動きが似てるから同じ動きできるかもしれない。などなど考えれば考えるだけ色々な課題が増えていきます。そしてこれをクリアすることこそパルクールの醍醐味です。前できなかった課題を超えて自分の成長を感じることができます。フロウを考えている最中や、課題ができず息詰まって何が問題なのかを考えているところこそ、パルクールであると感じました。ですが、自分ひとりだけでは、ただ一通りの考え方にしか出会えません。しかし、違うトレーサーと動いてみたり、一緒にできない課題を取り組むと見えていなかったものが見えてくる時があります。それは、他のトレーサーとコミュニケーションを図って、色々な考えを共有下からこそできたものだと感じます。これが、自分がパルクールがコミュニティであるという考え方です。

要するに、パルクールとは飛んだりまわったりする移動を重点においたスポーツではなく、考え方や思想であるということ。その思想が、偶然移動を重点においたスポーツであっただけだと感じます。もしかしたらこの考え方はおかしいかもしれません。移動を重点においた自由なスポーツだったからこそ、考え方や思考が広まったのかもしれません。

何はともあれ、私はトレーサーと呼ばれる人たちはみんな仲間みたいな感覚だと思っているので、そのことも含めて私の気持ちを少しでもわかっていただけるとありがたいです。

スポンサーリンク

final stage

スポンサーリンク

今回は、鋼鉄の魔城最後の砦である、final stageのことについて書いていこうと思います。

第37回大会 final stage

final stageの初期は綱登りのみのすごくシンプルでいて難しいものでした。そこから、色々なバージョンアップが施され、今は

  • 8mのスパイダークライム
  • 7m(15段)のサーモンラダー
  • 10mの綱登り

といった史上最難関のfinal stageとなっています。しかも時間は45秒です。この時間が実に絶妙でfinalをより楽しむことができるように設定されていると思うほどです。

さらにここ最近の2大会(36,37回大会)は、どちらも大晦日生放送という形でfinal stageを放送しています。しかも場所はいつもの緑山からはなれ、横浜の赤レンガ倉庫で行っています。それを聞くだけで、final stageの緊張と興奮が伝わってきます。自分も、是非一度final stageの緊張と興奮を味わってみたいですね。(ちなみに私はSASUKEに出場したことはありません。)

まぁ、前説はこれくらいにして自分なりにfinalの対策や練習方法を書いていこうと思います。ちなみに私は、もちろんこのfinalを体験したことはないので、参考までに書きます。

まず初めに、final stageの練習は最後のシメに行うべきだと感じます。finalは、文字通り最後のstageということで疲労が蓄積された状態で行わなければいけないということです。最近の2大会(36,37回大会)は例外ですが、このままずっと大晦日で放送されるとも決まっていないので、念には念を入れて疲労困憊の時にfinal練習をすることをお勧めします。

次は練習内容について書いていきます。今回は、サーモンラダー対策と綱登り対策に焦点を当てます。その理由としては、スパイダークライムはあまり差が現れにくいからです。その練習をするよりもサーモンや綱の練習をするべきです。

サーモンの練習についてですが、前に一度書いたことがあるかもしれませんが、反動懸垂の手放し版をやります。反動懸垂は自分がやりやすいようにやってください。腕をのばしたほうが楽な人もいれば腕を曲げてやったほうが楽にできる人もいます。どこに筋肉が多くついてるかによっても変わってくるので、実際に色々な方法で反動懸垂をしてみてください。反動を使って懸垂をして体が上がった時に腕を離してやれば手放し版反動懸垂ができます。この手放し懸垂の注意点は、腕を離して再度鉄棒等を掴んだ後に腕をしっかり伸ばしてやることです。腕にしっかり負荷をかけて衝撃を腕や全体で耐えるということをします。これがサーモンの段を上げた後の体のいなしかたにつながります。また、15段サーモンをあげるためには握力も必要になってくるので、たまに反動ではない懸垂等を交えて鍛えていくこともいいと思います。

次に綱登りです。綱は実際に買って実際の綱でやるのが一番ベストです。でも少し高くて手が出なかったり、もっと違った方法で鍛えたいという人は、倒立腕立てをしてください。もちろん、壁を使っても大丈夫です。綱上りで使われる重要な筋肉としては広背筋と二頭筋になります。肩とか大胸筋等も使います。それをいっぺんに鍛えることができるのが、倒立腕立てです。腕立てというと三頭筋につくイメージがあると思いますが、肘を外に曲げるのではなく、体の方に曲げるようにすると二頭筋に効き安くなるのでやってみてください。また三頭筋もサーモン等にも使われる筋肉なので一緒に鍛えていくことができます。倒立の注意点としましては、あまり腕を曲げすぎないようにしてください。がんばりすぎて腕が伸びなくなってしまうと怪我のリスクが増えるので注意が必要です。また、手首の怪我のリスクも増えるので、ストレッチを入念にやってからやることをお勧めします。

次に、綱の足の使い方についてです。これは人それぞれのやり方があります。脹脛とすねで固定する人もいれば足と足の間に入れて綱を踏みつけるようにして登る人もいます。オーソドックスは脹脛とすねで固定するやり方だと思いますが、まだやったことなくて、初めて挑戦する人は足と足で踏みつけるようにして登るやり方をお勧めします。ちなみに、このやり方はすこぶる難しいです。youtubeでSASUKE in vietnam final stageで検索すればもしかしたら見れるかもしれないです。違法だと思いますが。自分にあったものを練習して見つけてみましょう。

足で踏むようにして登るやり方は、実際綱を使わないと練習することは難しいですが、脹脛とすねで固定するやり方では、登り棒で代用することができます。イメージを掴むにはもってこいだと思います。うまく足を使えているかの確認は手を離しても体が下に滑っていかないかどうかで判断します。また、綱の登りは体を曲げる(足を腕に近づけて固定)伸ばす(足を固定したとこからうでで登る)の繰り返しで上に登っていくので、足をできるだけ高い位置で固定できるかどうかもポイントとしてあります。

しかし今回、コツやポイントを色々言ってきたつもりですが私は結局final stageはテクニックとかコツどうこうでクリアできるとは思えないので、できるだけ本番のセットに近いもので練習をこなしていかなければいけないと思います。難しいのは十分承知ですが、そう言った練習をしないと完全制覇には届かないのかなと思います。

今回は、あまり書くことがありませんでしたが、少しでも練習の意欲になればと思います。ほなまた次回。

スポンサーリンク

パイプスライダー

スポンサーリンク

今回は、パイプスライダーについて書いていこうと思います。

               初登場 第2回

パイプスライダーは、初登場した第2回から今大会までずっと3rdステージの最後のエリアに君臨しています。私の中では山田克己さんのパイプスライダーがすごく印象的で特に第10回大会の「闇夜に山田一人ぼっち」からの「俺にはSASUKEしかないんですよ」の名言は今見てもすごくくるものがあるなと感じます。

まあミスターSASUKEならぬミスター水曜日のダウンタウンはさておいて、パイプスライダーの自分なりの解説をしていこうと思います。パイプスライダーの一番難しい部分は最後の飛び移りなので、そこの解説になります。それでは早速内容のほうに移ります。

色々な方が色々な手法でパイプスライダーを攻略するなかで、私が特に落ちる気配がしないとな感じる人は、森本裕介さんです。一度だけ第29回大会で落ちてしまってはいるのですが、その当時のフォームと今のフォームとでは決定的に違う部分があったからだと今は感じています。そのことについて触れる前に、何点か気をつけるべき点を挙げていきます。あげる点としましては、

  • 手の意識
  • 頭・脚の位置、関係性
  • 体のそらし

です。手の意識に関しては、少し説明しずらいのですが頑張って理解してもらえるとありがたいです。まずはパイプはただ単管に乗っかってるだけということを理解してください。なので、普通にぶら下がるとパイプが回ります。ですが、このパイプ自体が回ることが重要になってきます。ギリギリまでパイプを持っていくところまでは同じでそこまで持っていったら、体を振る前に手に意識をおきます。この手の意識というのは、手首をできるだけ前に傾けるということです。これは体を振っている時に後ろにいかないようにするために行います。これを意識するのとしないのとではすごい差が生まれます。ほんとにパイプが後ろに下がりにくくなります。

次に頭・脚の関係性についてです。この私の解説は森本さんのフォームを参考にしてお話ししております。そのためこの頭・脚の位置、関係性も森本さんのフォームのお話になります。森本さんのフォームを試したことない方はこの機に挑戦してみてください。ちなみに私は昔は森本さんのフォームとはかけ離れていましたが、最近森本式を真似てやっています。この森本式フォームに変えてからはどんなに疲れていても、よっぽどのことがない限り落ちないところまで安定するようになってきました。なので、ぜひ森本式を挑戦してみてください。

余談が少し長くなって申し訳ありませんが、頭・脚の位置、関係性の説明に入っていきます。まずは頭の位置です。足が前にある時は、腕の後ろ、足が後ろにある時は腕より前に頭を持っていきます。以下の写真の通りです。

        足が前の状態
        足が後ろの状態

この時注意する点は、腕を曲げないということです。森本さんは一度このエリアで落ちていると言いましたが、落ちたときのフォームは最後の体を飛ばすところで勢いをつけようとして腕を曲げてしまい、逆に力をうまく伝えることができなくて、リタイアしてしまいました。こちらがその写真になります。

        腕を曲げた状態
       腕を伸ばした状態

違う大会なのでカメラアングルが違いますが、この画像の比較だけでも足の高さの違いが明確にわかります。この前にふる動きは、足をあげるというイメージではなく、体をL字になるようにして頭を後ろにそらすイメージで勝手に足が上がるようにします。最後の陸地に飛び移る時も飛び移る前はこの形になっています。

最後の重要な点は、下半身が後ろにいった時に体をそらすことです。これをやらないと体がパイプごと後ろに下がってしまい、余分な力を使わなければいけなくなってしまいます。上記の写真にあるように、この時は頭を自分の腕の前に持っていき、胸をはる、または肩をいれるというような動作をします。それにより後ろへの力を逃します。最初は難しいので動かない鉄棒等でやることをお勧めします。

いかがだったでしょうか。自分はこの方法に出会う前は、苦手なエリアだったのですが、この方法に変えたところほぼ百発百中ぐらいまでいくことができたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク