反り立つ壁

スポンサーリンク

一度、反り立つ壁の攻略は省略しましたが、最近、水曜日のダウンタウンの喫煙所の件で登場して少し思うことがあったので、書いていきたいと思います。

反り立つ壁の攻略として、そんなにスピードはいらないです。全力で走ろうとして体が前傾姿勢になると、足が上がらなくなってしまって、躓いてしまいます。これが一番多い失敗だと自分は考えています。

なので、そのため体を前傾姿勢にならないように走らないといけないです。イメージとしては、モモ上げですかね。モモ上げで前傾姿勢になる人はあまりいないですよね?それは、足を上げるのに前傾させてはいけない、と体が無意識のうちにしているからです。

これが、反り立つ壁の攻略に役立つのです。そして、もう一つ大事なことは反り立つ壁からあまり体を離さないようにすることです。体を離しながら上ることは可能なのですが、最後の壁の上をつかむ動作に移るときに体が離れてしまうとやりにくいので、この最後のために、体は離さないようにするべきです。

大きい攻略はこんな感じだと思いますが、あと少し気になるところがあるのでそこも書いていこうと思います。

それは、走り始めをどこからやるか、ということです。まぁ、選択肢てきには

  • 一番上から降りずに走り始める
  • 一番上から一度座ってから降りて走り始める
  • 一度降りて立った状態で止まってから走り始める
  • 一度降りて一回壁を登って助走をつけてから走り始める

これくらいですかね。自分はやるとしたら座ってから走り始めます。その理由としては、一番足に負担がかからず加速を少しでも保ったまま行けるのがこれだと思ったからです。上記の最初に書いたものと最後に書いたものは、下り坂を走るため、ある程度無意識に足でブレーキをかけてしまうと思うので、あまりおすすめしません。無駄に足に負担をかけます。足を回そうとして加速するために下り坂を走っているはずなのに、足が回りすぎてもつれたり、無意識にブレーキかけてうまく加速できなかったりするのはうまくないのかなと感じます

上記の項目の上から三つ目のものは足に負担はかからないものの、一度助走をゼロにするのはあまり利口ではないのかなと思います。なので、自分は二つ目の方法で行きます。

走力に自信がある人はどの方法でも問題なくいけると思いますが、自信をもって望んでも制限時間で焦りにより走れなくなったりとか、ほかの1stステージのエリアで体力を消耗しているかもしれないので、どんなにつかれていても自分はできる!っと思るところまで、下半身を強化すれば怖くないかと思います。

スポンサーリンク

投稿者: salu

色々なことに首を突っ込む自由人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です